趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ 喜びますのでポチッとお願いします^^)ノ
万年筆用古典インクについて、文献を調査し、自ら実験してきた記録の主要な記事まとめ 本ブログのメイン記事
古典ブルーブラックと万年筆と私 または私は如何にして心配するのを止めて古典インクを愛するようになったか
万年筆適当主義 (鉄ペンに古典インク入れちゃうし、定期的な手入れもしてないよ。) 肩肘張らず、もっとカジュアルに万年筆を使おう。

DIMEの付録のタッチペン付ボールペンはクロスタイプリフィルで結構書き味良いです。

DIMEの一つ前の号 (@DIME アットダイム|雑誌DIME|バックナンバー(DIME20号)) に付録として付いていた、タッチペン付ボールペンです。iPhoneなど最近のスマホに使われている静電容量式タッチパネルに対応したプニプニしたゴムのドーム型のタッチペンになります。これまでは指で描く、で良かったのですが、Note Anytime (モバイル端末用手書きノートアプリ Note Anytime) などタッチペンを使いたくなるappも出て来たので一本は持っておきたいです。

普通はタッチペンが主でボールペンはおまけなんでしょうが、文具マニアとしてはボールペンの書き味が気になります。昔ながらのボールペンらしい粘度のボールペンですが、日本で主流の0.7mmより太い、おそらく1.0mmのボールのようで、線が太い分滑らかに書けます。

開けてみたらノーブランドですが、クロスタイプのリフィルでした。おまけのボールペンでクロスタイプってのは珍しいような気がします。

SWITCH-ITを使えばシャープペンシルになるかと試してみたのですが、軸には収まるものの、うまくノックができませんでした。
自作のNEXUS7ケース (NEXUS7用トラベラーズノート風革巻きケース - 趣味と物欲) のゴムバンドに引っ掛けて持ち歩いています。

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール HP Directplus -HP公式オンラインストア-
デル株式会社 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART