趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
ワタシハコテンインクチョットデキル
I can make an iron gall ink a little

「さわの文具店」のこの文章が好き

沢野ひとしさんと言えば、椎名誠さんのエッセイに登場するワニ眼の画伯で、怪しい探検隊の人というイメージが強いです。

さわの文具店

さわの文具店

好きな文章というより、万年筆を落としそうになった時にフラッシュバックするシーンですが、47頁の「ある日、欄干に寄りかかり、キャップをお尻のほうにさそうとした、その瞬間、無情にもキャップを残したまま本体は消えてしまった。」です。
京都旅行の記念として、半年間かせいだお金をはたいて、丸善で購入したモンブランのマイスターシュテュック#84、ついに憧れのペンを手にされて、京都旅行を満喫されている最中の悲劇です。落ちていく万年筆を見ている時の喪失感を想像するだけでも、こころがキュッと縮む思いがします。
ペリカンM600がペン先から床に落ちていくのを見たときに、同じようにこころがキュッとしました。

長崎のマツヤ万年筆病院で、何本も試し書きした中から選んだ1本で、自分にとっては最高の書き味でした。WAGNERの森さんに、直していただいたのですが、さすがに元の書き味までは戻りませんでした。
最高の書き味というのは、儚いものだと思います。
pgary.hatenablog.com

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
ワタシハコテンインクチョットデキル
I can make an iron gall ink a little