趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ 喜びますのでポチッとお願いします^^)ノ
万年筆用古典インクについて、文献を調査し、自ら実験してきた記録の主要な記事まとめ 本ブログのメイン記事
古典ブルーブラックと万年筆と私 または私は如何にして心配するのを止めて古典インクを愛するようになったか
万年筆適当主義 (鉄ペンに古典インク入れちゃうし、定期的な手入れもしてないよ。) 肩肘張らず、もっとカジュアルに万年筆を使おう。

パイロットの強色インキを乾燥させたのでクリーニングセットで洗ってみた。

パイロットの顔料インキ、強色の黒を入れていたキャップレス デシモが乾燥して書けなくなっていたので洗浄しました。

まず普通に水道水を吸入排出して、そのまま水に漬けて一晩放置しました。これだけでも黒いインキが、どんどん溶け出してきます。

洗浄液を流すと、底の方に黒い粒子が溜まっていて、如何にも顔料という感じです。

次にパイロットの万年筆クリーニングセット*1を使ってみます。洗浄スポイトで水道水の吸入排出を繰り返した後、100mLの水に洗浄液8mLを溶かして、水道水と同じように吸入排出を行います。

しかし水道水だけで十分洗えてしまっていたようで、洗浄液は透明なままでした。

洗浄液の成分は、界面活性剤 (10%ポリオキシエチレンアルキルエーテル)、pH調整剤と記載があり、更に弱アルカリ性と液性も書かれています。

だいたいpH9くらいでしょうか、pH12くらいのアルカリ電解水に比べると、ずっと弱アルカリ性です。

強色は、ちょっと乾燥させてしまったというくらいであれば、水で洗浄するだけでも十分落ちるようです。また最初から洗浄スポイトを使えば、一晩放置する必要もないと思います。

pgary.hatenablog.com

pgary.hatenablog.com

pgary.hatenablog.com

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール HP Directplus -HP公式オンラインストア-
デル株式会社 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART