趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
ワタシハコテンインクチョットデキル
I can make an iron gall ink a little

中華万年筆(中国製万年筆)15本組を購入してみた。

自作の万年筆インクのテストを行うのに、全ての万年筆にコンバーターを揃えるのは結構なお値段がかかるので (プレピーは200円で買えてもコンバーターは500円する)、空のカートリッジに詰めかえてテストしているインクも多いのですが、そうすると詰め換えのときなど手間がかかります。インキテスト用として、ヤフオクなどにたびたび出品されている15本組の万年筆が気になっていたのですが、川崎和男先生が書き味を保証されていたので購入してみました。

ヤフオクの写真などではもっと立派な箱に見えていたのですが、私のところに来たのは、お菓子の箱のような感じのものでした。マカダミアナッツチョコとかが入っていそうな箱です。

しかし開けてみると、万年筆が15本も並んでいるのは壮観です。

コンバーターはスライド式です。パーカーのSタイプのものに似ています。同じ中華万年筆のトライアングル デコペンコンバーターもこんな形でした。中に中吊り防止用?のビーズが入っています。

ペン先やキャップの金色の部分は金属製で結構重量感があります。キャップ先端などの仕上げは雑で、一本一本違いがあります。ペン先はフーデッドニブの一種でしょうか、細字で普通に書きやすいです。キャップは嵌合式ですが、気密性が悪いようで、キャップをして1日置いていたら、もうインク (ウォーターマン ブルーブラック) が乾いて、ガチガチで書けなくなっていました。
海外在住夫婦のお買い物日記にて、中国の激安万年筆について解説されています、事情がよく分かり参考になります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
ワタシハコテンインクチョットデキル
I can make an iron gall ink a little