趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

英語キーボードの好みの配列は、バッククォートの位置が決める?

やっぱり日頃から一番使っているキーボードの配置がしっくり来るので、メインのMiSTEL Barocco MD600は、ファンクションキーが削られていて、ESCが1の横に一段下っています。本来そこにあるバッククォート「`」とチルダ「~」のキーはFn+EscとFn+Shift+Escのコンビネーションに割り振られています。
それ以外の配置は一般的で、Back Spaceも横長で2キー分あります。挿し替えられるキーキャップが無かったので、表記はそのままですが、A左のCapsLockは、機能はCtrlに置き換えています。
MiSTEL Barocco MD600 (Mistel BAROCCO MD600 英語配列(販売終了)| 株式会社アーキサイト)
f:id:pgary:20201126202917j:plain
家のパソコンで使っているARCHISS IT-Touch Mechanical Keyboardは、テンキーが無い以外、最も普通の配列の英語キーボードです。MD600との違いは、Escがファンクションキーの横に上がり、単独のバッククォートキーがあります。
ちょっと前は、URLに「~」が入っているサイトが結構あったので、入力する機会もありましたが、最近はそういうURLを見かけなくなり、久し振りに「~」を入力しました。
また、1の左のEscに慣れてしまうと、ファンクションキーの左のEscは、遠く感じてしまいます。
ARCHISS IT-Touch Mechanical Keyboard (AS-KB87 | 株式会社アーキサイト)
f:id:pgary:20201126221727j:plain
標準的な大きさのノートパソコンの英語キーボードは、IT-Touchと同じく標準的な配置になっています。
MacBook Pro mid 2014
f:id:pgary:20201126202907j:plain
ThinkPad X250
f:id:pgary:20201126202855j:plain
ThinkPad X220
f:id:pgary:20201126221741j:plain
一方、ファンクションキーを省いた60%キーボードは、Escを1キーの左に配置した代わりに、Back Spaceを1キー分に小さくして、その左にバッククォート/チルダを配置しています。Back Spaceは頻繁に叩くキーですから、1キー分遠くを意識して小指を伸ばすのは、意外とストレスが溜まります。
Majestouch MINILA Air (Majestouch MINILA Air US67キー 茶軸製品情報 | ダイヤテック株式会社)
f:id:pgary:20201126202943j:plain
静電容量式中華キーボードのNiZは、Back Space左のバッククォート/チルダを外して、2キー分のBack Spaceと置き換えられるキーキャップが付属していますが、MINILA Air用のキーキャップに換装しているため、MINILA Airと同じキー配置で使っています。
AKEEYO NiZ (https://www.akeeyo.co.jp/products/aky-niz-keyboard)
f:id:pgary:20201126202830j:plain
以上のことをまとめると、理想のキー配列は、

  • Aの左にCtrl
  • ファンクションキー無しで、1の左にEsc
  • Back Spaceは=の右で2キー分の長さ
  • バッククォートはキーコンビネーションでEscあたりに割り当て

というところでしょうか。
f:id:pgary:20201126202844j:plain
ちなみに番外編で、iPad ProのSmart keyboardは、ファンクションキーがありませんが、Escキーもありません。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ