趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ 喜びますのでポチッとお願いします^^)ノ
万年筆用古典インクについて、文献を調査し、自ら実験してきた記録の主要な記事まとめ 本ブログのメイン記事
古典ブルーブラックと万年筆と私 または私は如何にして心配するのを止めて古典インクを愛するようになったか
万年筆適当主義 (鉄ペンに古典インク入れちゃうし、定期的な手入れもしてないよ。) 肩肘張らず、もっとカジュアルに万年筆を使おう。

RingLeafの鉛筆デザイン GRAPH1000 LIMITEDシャープペンシルの配色に惹かれる。

Amazonを眺めていたら、有名な鉛筆風の配色にデザインされたGRAPH1000 LIMITEDシャープペンシルがあったので、最近シャーペンの使用頻度が上昇しているから〜と理由を付けて購入しました。
HBのハイポリマー芯と、組立式で紙製のオリジナルペンボックスが付属しています。
f:id:pgary:20220122190157j:plain

4色、4種類ありますが、鉛筆を強烈にイメージさせてくれるオレンジとブラウンを選びました。
消しゴムが消えないから (余計汚れるから) という理由で、この手の消しゴム付き鉛筆は、子供の頃から、あまり使って来なかったのですが、この色は可愛くて大好きです。
f:id:pgary:20220122190210j:plain
OHTOの2mmシャープペンシルApple Pencil2のシリコンカバーは、この配色だから購入しました。
プラチナのプレスマンは、黄色のボディに赤のキャップを合わせています。黄色と赤なので、オレンジとブラウンとは違うのですが、やっぱり鉛筆っぽいっなあと感じてしまいます。