趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^

ペリカンブルーブラックが古典ブルーブラックのままか定期調査 (2019年4月)

色々な情報が錯綜した結果、定期的に浮上してくるペリカン ブルーブラックが古典ブルーブラックではなくなったという噂、その噂が話題になるたびに新しいロットのペリカンブルーブラックを購入し、二価鉄試験紙でチェックしたり、チェックを依頼したりしてきましたが、今のところずーっと古典ブルーブラックのままです。
f:id:pgary:20190411231911j:plain
以前調査した時から2年くらい経ちましたので、銀座の伊東屋で最新のロットのペリカンブルーブラックを購入してきました。また最近はカートリッジを調査していなかったので、こちらもロングとショートのカートリッジを伊東屋で購入しました。
f:id:pgary:20190411231921j:plain
ボトルのロット番号は18H、2018年のAから始めてH番目のロットになります。
f:id:pgary:20190411231933j:plain
二価鉄試験紙を使ったクロマトグラフィーで、二価鉄を含む古典ブルーブラックかテストします。普通のろ紙を使うペーパークロマトグラフィーとは違い、色素を分離しているわけではなく、二価鉄と反応して赤く変色しています。
ペリカンのブルーブラックはボトルもロングカートリッジもショートカートリッジも赤く変色していますので、二価鉄を含んでいる、つまり古典ブルーブラックということになります。対照として用いたパイロットのブルーブラックは染料のブルーブラックですから赤く変色していません。
ペリカンのブルーブラックはボトルもカートリッジも古典ブルーブラックでした。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
にほんブログ村
文房具ランキング 面白かったらポチポチっとお願いします^^