趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
ワタシハコテンインクチョットデキル
I can make an iron gall ink a little

ダイソーのクッションケースで作るNiZ ATOM66キーボード用ケース

NiZ ATOM66キーボードは中国製のキーボードですが、東プレのRealforceHappy Hacking Keyboard Proのような静電容量無接点方式を採用していることで、その筋で人気のあるキーボードです。
画像上段がATOM66、下段はMINILA Air、ATOM66はその名のとおり66キーまでキーの数を削っていますが、カーソルキーは残しているなどこだわりの省略をされています*1
f:id:pgary:20200403195006j:plain
自分は、Mobilehackerzさんの下記の記事を読んで購入を決めました。
MobileHackerz再起動日記: 60%キーボード百花繚乱!メカニカル×コンパクト×ワイヤレスの愉悦
同じく小型キーボードのMINILA Airは、Cherryのメカニカルスイッチを使用した67キーのキーボードですが、これの持ち歩き用にダイソーのクッションケースでキーボードケースを作製し使っています。
ほとんど同じ大きさなので、このケースを流用しようかと思ったのですが、材料費は110円ですので、ATOM66にピッタリの大きさのケースを作製しました。
f:id:pgary:20200403195019j:plain
作製すると言ってもクッションケースを裏返して、適当な位置をミシンでまっすぐに縫うだけです。もう一度裏返して元に戻したら完成です。
f:id:pgary:20200403195033j:plain
余った生地を切っても良いのですが、残しておくとケース内の間仕切りになるので、USB-Cケーブルを収めるのにちょうど良いです。
ATOM66は有線(USB-C)、無線(Bluetooth)両対応で、USB-Cは充電を兼ねています。
f:id:pgary:20200403195046j:plain
pgary.hatenablog.com
以前は1万5千円くらいだったのですが、売れると分かったからか、じわじわ値上りして2万円くらいになっています。2万円だと3万円のHappy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-Sが視野に入ってくるんですよね。

*1:Backspaceを2文字分の横長の物と替えたので65キーになってます

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
ワタシハコテンインクチョットデキル
I can make an iron gall ink a little