趣味と物欲

博多天神界隈を本と文房具(万年筆とインク)と電子ガジェットを探して徘徊しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
面白かったらポチポチっとお願いします^^

古典インクを使いやすい万年筆、極私的なセレクト

極論を言ってしまえば、自己責任を貫く限り使いたいもので使えば良い。インクによる焼けや鍍金の剥れも勲章、自分が使ってきた歴史の証と思えるようになれば最強なのですが、大事な万年筆の調子が悪くなったり、ましてやダメージを受けたりしたらテンションが下がるのも事実、私的に古典インクを使いやすいと思っている万年筆を紹介してみます。

古典インクの使用に適した万年筆

一番安心して使えるのは、国産で1万円くらいの金ペン、特にペン先に鍍金されていない金一色のもの、次点で銀色のロジウム鍍金。

ピンクゴールド (ローズゴールド) 鍍金やルテニウム鍍金は剥れることがあるのでお勧めしない。またペン先付近の首軸に金属の装飾リングや象嵌があるものもお勧めしない。

国産3社はどれも気密性が高く安心だが、あえてどれか選ぶなら、純正インクに古典ブルーブラックとクラシックインクがあり、スリップシール機構を供えたプラチナのセンチュリーシリーズをその心意気を称えてお勧めしたい。

鉄ペン (実際はステンレスペンと言うべきでしょうが) で古典インクを使っていると公言すると、何処からともなく鉄ペン警察が現れ、止めさせようとしてくるのですが、万年筆を使い初めて古典インクに興味を持った人のハードルを、金ペンまで上げて諦めさせてしまうのはあまりに勿体無い。プレピーのブルーブラックなんて、古典インクのカートリッジが付属しているので、たった300円で古典インクデビューできてしまうのです。

また、古典インクを鉄ペンで使ってよいと主張することは、ペンを腐食させたくないという気持ちを否定するものではありません。私だって海外製の1万を超える鉄ペンに古典インクを入れるとなれば多少躊躇はします。しかし、自ら古典インクを使いたいと言っている人がプレピーやkakunoで使おうとされているのまで、一々止める必要は無いんじゃないでしょうか。

他のメーカーのステンレスペン先も古典インクに十分耐えますが、スリップシール機構による気密性の高さと、純正の古典インクが有り、古典インクを使うことを最初から考慮されていることを評価して、プラチナのプレピー、プレジール、プロシオンのステンレスペン3兄弟をお勧めします。

古典インクの使用に適さない万年筆

逆にこの万年筆では古典インクを使わない方が良いというものも存在します。

パイロット キャップレス

金ペンのモデルもありますが、ペン先より気密性のためのシャッター機構の動きが古典インクで悪くなります。

ペリカンの首軸に装飾リングが有るモデル (M400以上?)

首軸の装飾リングの腐食が多数報告されています。
首軸装飾リング修理 / PELIKAN M400 - 筆記具工房のブログ

ピンクゴールド鍍金のペン先

私自身プラチナのピンクゴールド鍍金を剥してしまったことがあります。
WAGNERインクは念のためにピンクゴールドメッキの万年筆では使用されないでください。 - 趣味と物欲
TWSBIのピンクゴールド鍍金は古典インクではないが低pHのLAMYブルーで剥げたそうです。
ツイスビー(TWSBI)のピンクゴールドニブのメッキについて - アケボノインコと私

パイロットのコンバーター CON-70

CON-70に関してはダイアミン レジストラーズインク限定なのですが、動きが悪くなるという事例が知られています。ダイアミン レジストラーズインクは古典インクの中でも特に鉄分が多く含まれているため影響が出やすいのだと思います。
ダイアミンのレジズトラーズインクでCON-70が不調になったそうです 3例目 - 趣味と物欲

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
にほんブログ村
文房具ランキング 面白かったらポチポチっとお願いします^^